ボールベアリング

ボールベアリングは、摩擦を減らし、荷重を支えるために様々な用途で使用される重要な部品です。アンギュラ玉軸受、深溝玉軸受、薄肉玉軸受などの種類があります。

アンギュラ玉軸受

深溝玉軸受

薄型ベアリング

ボールベアリングとは?

ボールベアリング 一般的に使用される機械部品で、転がり軸受の一種です。その構造は、金属製またはセラミック製のボール、内輪、外輪、保持器から成ります。保持器は、金属製またはセラミック製の玉を均等に間隔をあけて配置します。

ボールベアリングの仕組み

ボールベアリングは、転動体(ボール)が内輪と外輪の間を転がり、すべり運動を転がり運動に変換することで機能します。ボールが他の部品の表面に接触すると、その表面に沿って転がるため、金属表面間の摩擦が減少し、効率が向上し、摩耗が最小限に抑えられます。また、ボールベアリングは、ラジアル荷重とアキシアル荷重の両方に同時に耐えることができるため、さまざまな機械装置や幅広い用途に適しています。

玉軸受の種類

ボールベアリングの種類には、様々なデザインと用途があります。最も一般的なボールベアリングの種類は以下の通りです:

深溝玉軸受:深溝玉軸受は、ラジアル荷重と一方向のアキシアル荷重を同時に受けることができ、さまざまな荷重条件に対応できる接触角を持っています。高速回転時の摩擦や発熱が少なく、高速回転や高精度が要求される機械に適しています。

アンギュラ玉軸受アンギュラ玉軸受は、ラジアル荷重と一方向のアキシアル荷重を同時に受けることができ、さまざまな荷重条件に対応できる接触角を持っています。高速回転時の摩擦や発熱が少なく、高速回転や高精度が要求される機械に適しています。

薄型ベアリング薄肉軸受は、断面寸法が小さく、コンパクトな構造で、省スペースを実現します。軽量、高精度、コンパクトな設計が要求される様々な用途に最適です。

玉軸受の用途

ボールベアリングは、家電製品から自動車、航空産業まで幅広く使用されています。ボールベアリングの一般的な使用シーンをご紹介します:
モーター減速機バイク自動車産業鉄鋼業航空分野工作機械産業精密加工装置

ベアリング・コレクション

カスタム・ベアリングの無料相談をご利用ください!

お客様のニーズに合ったベアリングが必要ですか?NYZでは、最適な性能と信頼性を確保するために、柔軟なカスタマイズサービスを提供しています。まずは無料相談をご利用ください。お問い合わせはこちらから

今すぐ最新の見積もりを入手

最も競争力のある価格とベアリングマニュアルを提供し、サプライヤーをより適切に選択し、利益を増やすお手伝いをします。