薄型ベアリング

概要

薄型ベアリング

薄肉玉軸受は、スペースが限られ、重量要件が厳しい用途向けに設計された特殊軸受です。独自の薄肉構造により、軸受の重量とサイズを大幅に削減しながら、高性能と高精度を実現します。

製品一覧

薄肉深溝玉軸受

薄肉深溝玉軸受

薄肉深溝玉軸受は、薄肉軸受の一種です。設計の改良により、大幅な軽量化・小型化を実現し、軽量・高精度が要求される特殊用途に適しています。

特徴

  • 薄肉設計:
    薄肉ベアリングの内輪と外輪は比較的薄く、軌道面と転動体の間のクリアランスは小さくなります。この設計により、軸受の体積と重量が大幅に削減されます。
  • 高精度:
    薄肉ベアリングは、一般的に高精度プロセスで製造され、安定した高精度の動作を保証します。
  • 様々な断面とサイズ:
    薄肉軸受は、さまざまな設計要件に対応できるよう、さまざまな断面形状とサイズを取り揃えています。

 どのように選んだらよいかわからない場合は、ご連絡いただければ、最適な選択のアドバイスをさせていただきます。

モデル口径(インチ)外径(インチ)L1 (in)L2 (in)静荷重(ポンド)動的荷重(ポンド)重量(ポンド)
KAA10CL011.3751.141.2352901880.026
KAA20CP022.52.1862.3146803930.1
KB020CP022.6252.2312.3939305770.16
KC040CP044.754.2774.4732,1001,0730.45
KD040CP0454.374.633,0801,7550.78
KF040CP045.54.5554.9455,3603,5591.9
*KGO40CP0464.7425.2588,2106,1153.6

薄肉深溝玉軸受は、独自の薄肉設計、高精度、高性能により、航空宇宙、ロボット、医療機器、精密機器、産業機械などに広く使用されています。

よくあるご質問

薄肉軸受は主に、薄肉深溝玉軸受、薄肉4点接触玉軸受、薄肉アンギュラ玉軸受、薄肉クロスローラー軸受、薄肉スラスト玉軸受、薄肉スラストころ軸受などの種類に分類されます。

適切な薄肉ベアリングの選択には、以下の要素を考慮する必要があります:

  • 負荷要件: ラジアル荷重とアキシャル荷重の大きさ。
  • スペースの制約: 利用可能な設置スペース。
  • 動作速度: ベアリングが動作するのに必要な速度。
  • 環境条件: 作業環境の温度、湿度、汚染レベル。
  • 精度要件: 機器の操作に必要な精度レベル

薄肉軸受の負荷能力は、その種類と大きさによって異なります。一般に、薄肉軸受は内輪と外輪の厚さが薄いにもかかわらず、ラジアル荷重とアキシアル荷重が大きいのが特徴です。具体的な負荷容量は、製品仕様書から求めることができます。

薄肉軸受の寿命は、荷重の大きさ、運転速度、潤滑条件、使用環境など、いくつかの要因に左右されます。適切なメンテナンスと適切な使用条件により、薄肉軸受は長年使用することができます。定期的に潤滑状態をチェックし、環境を清潔に保ち、摩耗した軸受を速やかに交換することで、軸受の寿命を大幅に延ばすことができます。

ベアリング・コレクション

カスタム・ベアリングの無料相談をご利用ください!

お客様のニーズに合ったベアリングが必要ですか?NYZでは、最適な性能と信頼性を確保するために、柔軟なカスタマイズサービスを提供しています。まずは無料相談をご利用ください。お問い合わせはこちらから

今すぐ最新の見積もりを入手

最も競争力のある価格とベアリングマニュアルを提供し、サプライヤーをより適切に選択し、利益を増やすお手伝いをします。